あると便利な調味料について

料理には様々な調味料を使います。調味料は、定番かつよく使うものがあります。その一つが粉末昆布だしです。だしですから、お吸い物や味噌汁のおだしとして活用できるのはもちろんですが、普段の料理の隠し味としての用途もとても広いものです。例えば和風の肉野菜炒めを作るときに使えます。和風の炒め物の場合、調味料はしっかりとした味をつけるのには醤油が基本となります。醤油ベースだと、ご飯に合うパンチの効いた味付けになりますが、人によってはちょっとしつこい味にも感じられます。一方、昆布ダシを加えることで、全体的に味にまろやかさが加わってパンチが抑えられるので、きつい味付けが苦手な人でも受け入れやすくなります。また、浅漬けを作るときにも役に立ちます。浅漬けの時の調味料は昆布そのものを入れたりしますが、どうしても短時間では昆布の風味を活かすことが出来ません。その点、粉末ダシならすぐに溶けて風味付けが出来案巣。このように、昆布ダシは用途がとても広いのです。