醤油麹を使ったタレは時短料理の味方

時短料理に欠かせない調味料が醤油麹です。
お肉やお魚を漬けこむ時は、以前は塩麹を使っていましたが、醤油麹だと味がしっかりしみこむ感じがします。特に鶏肉は、その後味付けをしなくても美味しい唐揚げに仕上がるので重宝しています。醤油麹は塩麹の10倍の旨味があるそうで、特売のお肉を使って美味しい唐揚げになります。
鶏肉を切ったり漬けたりしている時間もない、という時は市販の鶏唐に醤油麹を使ったタレをかけます。醤油麹にお酢と砂糖を好みの量で混ぜ合わせるだけの簡単なタレですが、唐揚げにこのたれをたっぷりかけて、青ネギや胡麻をトッピングするだけで、ちゃんとお料理をしたように見えます。そして、美味しい。この醤油麹ダレをかけると、冷めても美味しく食べることができるので、お弁当のおかずにもおススメです。
その他、醤油麹にごま油とポン酢、好みで一味唐辛子やラー油を混ぜた中華風タレもおススメです。我が家では醤油麹はもはや定番調味料になっています。

コメントは受け付けていません。